組み立て式浮き桟橋、ポンツーン専門メーカー コネクタドック

HOME > ローイング・漕艇・レガッタ 1000シリーズ

ローイング・漕艇・レガッタ
1000シリーズ

USローイングのオフィシャル浮き桟橋として採用されている組み立て式浮き桟橋です。 数多くの大学、クラブでの導入実績があり、日本国内の大会でも採用されています。 1000シリーズはローイング、レガッタ、漕艇などのパドルスポーツのために開発された浮桟橋/ポンツーンです。

ローイング・漕艇・レガッタ

コネクタドックがローイング/レガッタ/漕艇競技に選ばれる理由

1. 乗降のし易さ

コネクタドックがローイング/レガッタ/漕艇競技に選ばれる理由01
高い浮力を保ちながら、25.4センチという製品の高さを実現しました。これにより、水面とのボートの距離を短くし、ローイング/レガッタ/漕艇などへの乗り降りの簡易化に成功しユーザーの皆様から高くご評価頂いている浮桟橋/ポンツーンです。

2. 特殊構造による高い安定性

コネクタドックがローイング/レガッタ/漕艇競技に選ばれる理由02
コネクタドック(浮き桟橋/ポンツーン)の断面図です。 従来のBOXタイプではなく下部が上部を支える構造になっております。 それにより重圧が掛かった場合の凹みを最小限に留めることが出来、高い耐久性と安定性を実現しました。

3. 滑りにくい特殊加工

コネクタドックがローイング/レガッタ/漕艇競技に選ばれる理由03
浮き桟橋の表面は木目になっており、滑りにくくなっております。

4.簡易組み立て 水上で組み立て可能

コネクタドックがローイング/レガッタ/漕艇競技に選ばれる理由04
コネクタドックの接続は非常に簡単で、数本のボルトを使用しほんの数分で完成してしまいます。使用する工具はソケットレンチ(17mm)のみ。誰でも迷うことなく簡単に接続できます。

ローイング・漕艇・レガッタで使用されるコネクタドック


主要オプション


設置イメージを見る ▶